豊岡鞄オフィシャルサイト

    鞄を保証登録する
    ご購入

    認定審査

    「豊岡鞄」の仕組み

    「豊岡鞄」の認定にあたっては、企業審査と製品審査の2段階審査方式を採用しています。

    豊岡鞄の製造企業は、必ず兵庫県鞄工業組合員であり、ブランドコンセプトを守るというマニフェストに署名・捺印して企業として宣誓すること、そしてその製品が豊岡鞄認定審査を受けて合格することです。

    • 商標権の所有者
      「豊岡鞄」は、兵庫県鞄工業組合の登録商標です。
    • 商標使用の企業条件
      兵庫県鞄工業組合の組合員であり、かつ「豊岡鞄」地域ブランドマニフェストに署名して内容を遵守する企業。
    • 商標使用の製品条件
      兵庫県鞄工業組合「豊岡鞄」地域ブランド委員会が製品基準に基づき審査し、合格の認定を与えた製品。

    「豊岡鞄」地域ブランドは、兵庫県鞄工業組合と各企業、そして地域の共有財産です。
    一つの企業だけで事業を推進するのではなく、地域の共有財産として兵庫県鞄工業組合を中心にして「豊岡鞄」地域ブランドを育てることで、その価値を高めていきます。


    認定審査会の様子

    「豊岡鞄」の認定審査会は2か月に1度開かれます。

    審査員は、「豊岡鞄」地域ブランド委員、アルチザンスクールのメイン講師・竹下氏、豊岡鞄のブランド化をけん引するバッグデザイナー・森田陽子氏の計9名。

    審査会当日、事務局のテーブルには審査を待つ鞄が並び、会場入りした審査員から順次、製品検査基準に照らし、気づいた点を審査カードに書き留めていきます。

    外観だけでなく、内装が外に出るよう裏返し、脱着可能なパーツは外し、見えない部分も丹念にチェックします。
    縫い目が一つでもズレていれば不合格。
    持ち手は強く引っ張り、強度を試します。

    全審査員による合評

    個別のチェックを終えた後は、全審査員による合評です。

    検討の結果

    • 内側の生地の端が、かがり縫い等で処理されていない。
    • 見せない方がよい箇所の縫い目がパイピング等で隠されていない。
    • 底面の角に意図しないダーツが入っている。

    といった、一見して分かりづらい程度の不具合で不合格となった製品が7本出ました。

    合格率は5割程度。

    参加年数の浅い企業であれば15本出品して1本しか通らないこともあります。
    審査員の所属企業であっても、もちろん特別扱いされることはありません。

    この日、晴れて合格となった鞄の中には改良を重ね続け、3回目にしてようやく認定を受けた物もありました。

    鞄業界の展示会シーズン直前の4月・11月は、出品数が2倍以上になります。
    審査員も自社の繁忙期に半日もの時間を割くことになり、決してその負担は軽くありません。

    しかし、他社の技術を学ぶ貴重な機会として前向きに捉え、審査に臨んでいます。

    一つのデザインにつき1件の申請となる。
    例えば、写真の帆布トートは同じように見えるが、ポケット開口部の位置(上と横)、持ち手取り付け部分のデザインが異なる。

    このバッグのように、開口部の留めがボタンであれば、実際の使用状況と同じ体制で持って開け閉めし、問題がないかチェックする。

    豊岡鞄