豊岡鞄とは

「豊岡鞄」地域ブランドコンセプト

豊岡で育まれ ものづくりの長い歴史と 職人の技術が生んだ 優れた鞄を 消費者に安心して使って頂く
豊岡は、千年の伝統をもつ鞄の産地です。「鞄の街 豊岡」は、奈良時代から始まる柳細工を起源とし、江戸時代に柳行李生産の隆盛をむかえ、大正以降はその伝統技術と流通経路を基盤に、新素材への挑戦とミシン縫製技術の導入により鞄の生産地となりました。

豊岡市で作られた鞄は「豊岡産」「豊岡製」「日本製」などと呼ぶことができます。それら豊岡産の鞄の中でも、兵庫県鞄工業組合が定めた基準を満たす企業によって生産され、審査に合格した製品を「豊岡鞄」と認定しています。
城崎温泉湯流れ万灯 出石まち並み 来日山からの雲海
四つ目結   ロゴマーク

「豊岡鞄」のロゴマークは、江戸時代に豊岡を治め、鞄のルーツとなる杞柳(きりゅう・やなぎごうりの事)産業を奨励発展させた但馬豊岡藩主・京極家の家紋「四つ目結(通称四菱)」から一つの「菱」をとり、鞄の持ち手をつけたデザインとなっています。

※「豊岡鞄」は、2006年11月10日に特許庁に地域団体商標として認定された兵庫県鞄工業組合の登録商標です。


「豊岡鞄」の仕組み

「豊岡鞄」の認定にあたっては、企業審査と製品審査の2段階審査方式を採用しています。

豊岡鞄の製造企業は、必ず兵庫県鞄工業組合員であり、ブランドコンセプトを守るというマニフェストに署名・捺印して企業として宣誓すること、そしてその製品が豊岡鞄認定審査を受けて合格することです。
商標権の所有者 「豊岡鞄」は、兵庫県鞄工業組合の登録商標です。
商標使用の企業条件 兵庫県鞄工業組合の組合員であり、かつ「豊岡鞄」地域ブランドマニフェストに署名して内容を遵守する企業。
商標使用の製品条件 兵庫県鞄工業組合「豊岡鞄」地域ブランド委員会が製品基準に基づき審査し、合格の認定を与えた製品。
「豊岡鞄」地域ブランドは、兵庫県鞄工業組合と各企業、そして地域の共有財産です。
一つの企業だけで事業を推進するのではなく、地域の共有財産として兵庫県鞄工業組合を中心にして「豊岡鞄」地域ブランドを育てることで、その価値を高めていきます。
兵庫県鞄工業組合
地域ブランドの 運営管理・PR活動等
HP運営 生産者情報の公開 製品情報の公開
「豊岡鞄」商標の 使用手続きにあたって
  • 1)組合に加入
  • 2)マニフェストに署名
  • 3)応募要綱に基づき手続き
     (申込書・製品1個)
  • 4)委員会が基準により審査
  • 5)合格品に登録番号を発行
  • 6)織ネーム・保証書等を添付
消費者
保証・修理依頼
品質保証の ネット登録
各企業
「豊岡鞄」の販売
共有財産

「豊岡鞄」製品保証について

「豊岡鞄」の保証責任は、兵庫県鞄工業組合ではなく、製品を製造した企業にあります。
製造企業の責任における欠陥は、交換および無料修理を含め最善の対応をお約束します。
ただし、製品の使用による磨耗、航空機利用による損傷、誤用や乱用によるものなどは保証していません。
保証でカバーされない交換・修理は、有料となります。
お買上げ頂きました「豊岡鞄」には、保証書が入っています。 この保証書には、その鞄を製造した企業名・認定製品番号などが記載されており、ネット保証登録のページから登録する事が出来ます。
ネット保証登録はこちら

「豊岡鞄」地域ブランドへの道

 1965年に設立された兵庫県鞄工業組合は、豊岡地域における鞄製造企業が所属する唯一の法人格を持つ団体です。 豊岡市は、鞄をおもな地場産業として発展してまいりました。しかし、高度経済成長時代が終わり、円高による輸入品の増大と問屋流通の変革により、鞄工業組合員企業は大変な窮地に追い込まれました。バブル絶頂期に約350億円あった生産高や組合員数は、3分の1近くまで激減しました。 
このような状況を受けて、兵庫県鞄工業組合ではあらたな販路開拓が急務であると考え、集積活性化事業・デザイン・IT関連・市場調査事業などを行なってきました。特に2003年以降は、昭和時代に流行した商品をリメイクした「豊岡グラフィティ」、またビジネスバッグを中心とした「豊岡トラディショナル」など、豊岡という地域名を意識する事業を展開してきました。

 豊岡で作られた鞄の優秀性や、豊岡が鞄の日本最大の生産地であることをPRすることは、地域の鞄製造企業や街の発展にとって有益であると考え、地域ブランドにますます関心を持つようになりました。

 2005年、兵庫県鞄工業組合に「豊岡鞄」地域ブランド委員会を設置して地域ブランド確立にむけてスタートを切り、「豊岡鞄地域ブランド要綱」・「製品の品質基準」などを作成し、鞄業界や一般市民を対象とした公開説明会などの事業を行ないました。2006年、特許庁において日本で最初に鞄部門の地域団体商標として、「豊岡鞄」地域ブランドが商標登録されました。
「豊岡鞄」商標登録証 「ロゴマーク」商標登録証
 現在、兵庫県鞄工業組合「豊岡鞄」地域ブランド委員会では、さまざまな事業を進めています。たとえば、豊岡鞄認定審査会を主催して製品の品質管理やブランドの販路拡大のための展示会・カタログ作成事業、またブランド全体の管理業務(商標権侵害に対する処置、ブランド運営規定の見直し、講演依頼等)などです。